喘息について       聴診器へ  ネブライザーへ  ピークフローメーターへ

喘息とは

喘息の原因

気管支喘息

小児喘息

喘息の程度

長期管理薬

治療方法

吸入療法

吸入療法の有効性

大人の喘息

せき喘息

書籍のご紹介

喘息に関する資料を掲載しています。不十分ではございますが参考になれば幸いです。

喘息とは

喘息 asthma (アズーマ)ということばは、古代ギリシア時代から〈あえぐ〉という呼吸困難を意味することばとして用いられ、ギリシャのヒポクラテスも、これは発作的に起こるものとしていたようです。正式には気管支喘息と呼ばれ「笛声喘鳴(てきせいぜいめい)をともなう発作性の呼吸困難」を起こす病気です。 笛声とはヒューヒュー喘鳴とはゼーゼーという呼吸の際に起こる音のことです。ただし、喘鳴があれば 全て喘息であるとは限りません。


 このような発作性呼吸困難を訴え、喘鳴をともなうような疾患は種々ありますが、このような症状を呈した場合に、これを漠然と喘息と表現してきましたが、日本アレルギー学会は、一昨年まとめた予防と管理のガイドラインで喘息を「慢性の気道の炎症性疾患」と位置づけました。

喘息の原因

本症の主要な成因はアレルギーと気道過敏症ですが、自律神経失調、精神的な刺激、細菌およびウイルス感染、気管支のβ受容体の機能低下なども関与していると考えられます。これらが気管支筋の痙縮させ、その結果起こる肺胞への空気の流入減少などを引き起こします。
 アレルギー性の喘息は、室内塵、花粉、カビ、獣毛などを吸入すると、それが抗原(アレルゲン)となり、生体にIgE抗体(レアギン)がつくられます。そこへ再び上記アレルゲンが入ってくると、喘息症状が発作的に起こります。なお、カニ、卵、肉魚類や野菜も食事性アレルゲンとなり、また薬物なども喘息発作因子となることがあります。

気管支喘息

発作的に喘鳴をともなう呼吸困難をきたす疾患です。気管や気管支の種々の刺激に対する反応が異常に亢進しているため、刺激にあうと、気道系に広範な狭窄を生じ、そのため喘鳴、咳、呼吸困難などの症状があらわれます。この狭窄は自然にあるいは治療によって改善し、これら症状が消失する疾患です。このような気道狭窄症状は、慢性気管支炎、肺気腫、肺腺維症などの気管支・肺疾患や心不全などの心疾患でも起こりますが、この場合は気管支喘息とはいいません。
 喘息発作は、季節の変わりめや、夜間とくに明け方に多く、喘鳴、咳、痰、呼吸困難が起こりますが、気道狭窄が強いとチアノーゼがあらわれ、起座位をとるようになります。発作は数時間以内に消失することが多くみられますが、1日以上続く場合には、喘息発作重積状態といいます。発作時には胸部聴診上乾性ラ音を聞き、肺機能検査で1秒率の低下など閉塞性換気障害を呈し、発作のない時は、これら自他覚的症状をまったく認めないことがあります。アレルギー性喘息では、血清IgE高値、血中好酸球増加が認められます。

小児喘息

気道抵抗の上昇による笛声・喘鳴・発咳の特発性の発作をくりかえす状態で、自然に、または治療により回復します。発作は、夜から朝にかけてひどくなります。

【原因】
小児の喘息では、吸入性アレルゲンとしてはハウスダスト、チリダニ、ネコ、花粉、羊毛、絹、綿などがあります。そのほか感染症(かぜ)、天候、季節、運動やいろいろな食事性アレルゲンや感染性アレルゲンによるものもあります。また、アレルゲン不明の喘息も少なくないとされています。

【症状】
はじめに鼻漏、くしゃみ、咳などがあって、まもなく定型的な呼気性呼吸困難の発作が始まります。軽い発作の場合、咳だけで診断がつきにくいことがあります。重症例では起座呼吸を行い、乳幼児では抱かれるか、おぶわれると呼吸が楽になります。胸部の打診では鼓音を認め、聴診では呼吸音の減弱があり、全肺野に乾性および湿性のラッセル音が聞こえます。一両日の経過で発作は自然に寛解することが多いですが、同様で発作が1年に何回も起こります。春秋型が多く、急な冷え込み、寒さ、雨などにより頻度が高くなります。

【発症年齢】
小児喘息は2〜3歳でほとんどが発症します。治癒に関しては、中学生にピークがあり、成人になるまでに約70%以上が自然治癒します。

【発作時】
発作の初期段階(軽い喘鳴等)を正しく察知し、早めに対応してひどくならないようにすることが大切です。発作時の対応方法は、

@安静にして、部屋の空気を入れ替える。外に連れ出してもよい。

A水を飲ませ、腹式呼吸をさせる。咳き込んだとき痰が出やすいよう背中をたたく。

B気管支拡張の吸入薬や内服薬を使う。

【治療のポイント】
患者本人が未熟であることから、親が治療の主役になることが大事といわれています。喘息であるという認識を持ち、喘息に対する知識を持って対処することが重要です。小児喘息では、一般的に無症状期間を長く保つことが気道過敏性を減少させ治癒に導きやすいようです。いかに発作が起きないように予防を行うか、予防的治療が主体となります。

喘息の程度

症状の出現頻度や程度、ピークフローメーターの測定値の分析等により以下の4つに分類されます。 

喘 息 の 重 症 度

ステップ1:軽症間欠型

症状が週1回未満
症状は軽度で短い
夜間症状は月に1〜2回
・ピークフロー・予測値あるいは自己最良値の80%以上、変動20%未満

ステップ2:軽症持続型

症状は週1回以上、しかし毎日ではない
日常生活や睡眠が妨げられることがある
  月1回以上
夜間症状が月2回以上
・ピークフロー・予測値あるいは自己最良値の80%以上、変動20〜30%未満

ステップ3:中等症持続型

症状が毎日ある
短時間作用性吸入β2刺激薬頓用がほとんど毎日必要
  月1回以上
夜間症状が月2回以上
・ピークフロー・予測値あるいは自己最良値の60〜80%、変動30%以上

ステップ4:重症持続型

治療下でもしばしば憎悪
症状が毎日
日常生活に制限
しばしば夜間症状
・ピークフロー・予測値あるいは自己最良値の60%未満、変動30%以上

長期管理薬


次項で述べる「治療方法」で使用する「薬」についてご説明します。

薬 名
詳  細

吸入ステロイド薬

喘息は「慢性炎症性疾患」と位置づけられましたが、この炎症を抑える作用が最も強い薬がステロイド薬です。ステロイドホルモン、副腎皮質ホルモンとも呼ばれます。

抗アレルギー薬

吸入薬としてDSCG(クロモグリク酸ナトリウム)があり、商品名をインタールといいます。非常に安全性の高い薬で、3種類の吸入方式が選べます。

β2刺激薬

気管支拡張薬の代表がこのβ2刺激薬です。商品として、ベネトリン、メプチン等があります。この薬剤は根本的な慢性炎症を改善する効果はありませんので、炎症を抑える薬剤と併用されます。(例:インタールとベネトリン)

テオフィリン徐放製剤

気管支拡張薬として使用されていましたが、最近炎症を抑える効果のあることもわかってきました。血中濃度が上がりすぎると副作用が出ますので、採血し血中濃度を測定し管理することが必要です。

治療方法

 喘息の一般的治療は、まず
@アレルゲンの発見とその除去(環境整備)、
A心身の活動性を健康な子供と出来るだけ同じように努めること(活動性維持)、
B必要な薬を上手に使用すること(薬物療法)です。

この3つをバランスよく行うことが大事です。

日本小児アレルギー学会が作成した、『小児気管支喘息治療・管理ガイドライン』は、小児科の先生をはじめ喘息治療に携わる先生方が、最も標準的な治療や管理方法として参考にされているガイドラインです。各症状、年齢によって以下の薬物療法プランが立てられています。
※ガイドラインとは、人が何か行動するときに、それに則って行動するという意。

 

小児気管支喘息の長期管理に関する薬物療法プラン (乳児 2歳未満)
基本治療

なし

(発作の程度に応じた
急性発作時療法を行う)

抗アレルギー薬

吸入ステロイド薬
(100μg/日)

吸入ステロイド薬
(150〜200μg/日)
以下の1つまたは複数の併用

・ロイコトリエン受容体拮抗薬
・DSCG吸入(2〜4回/日)

追加治療

抗アレルギー薬

DSCG吸入

吸入ステロイド薬
(50μg/日)

以下の1つまたは複数の併用

・ロイコトリエン受容体拮抗薬
・DSCG吸入(2〜4回/日)
・β2刺激薬(就寝前貼付
 あるいは経口2回/日)
・テオフィリン徐放製剤(考慮)
(血中濃度5〜10μg/mL)

β2刺激薬(就寝前貼付
あるいは経口2回/日)

テオフィリン徐放製剤(考慮)
(血中濃度5〜10μg/mL)

 

ステップ1 間欠型
ステップ2 軽症持続型
ステップ3 中等症持続型
ステップ4 重症持続型

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2005より

 

小児気管支喘息の長期管理に関する薬物療法プラン (幼児 2歳〜5歳)
基本治療

発作に応じた薬物療法

抗アレルギー薬
あるいは
吸入ステロイド薬(考慮)
(50〜100μg/日)

吸入ステロイド薬
(100〜150μg/日)

吸入ステロイド薬
(150〜300μg/日)
以下の1つまたは複数の併用

・ロイコトリエン受容体拮抗薬
・DSCG
・テオフィリン徐放製剤
・貼付β2刺激薬
・長時間作用性吸入
 β2刺激薬

追加治療

抗アレルギー薬

テオフィリン徐放製剤

以下の1つまたは複数の併用

・ロイコトリエン受容体拮抗薬
・DSCG
・テオフィリン徐放製剤
・貼付β2刺激薬
・長時間作用性吸入
 β2刺激薬

 

 

ステップ1 間欠型
ステップ2 軽症持続型
ステップ3 中等症持続型
ステップ4 重症持続型

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2005より

 

小児気管支喘息の長期管理に関する薬物療法プラン (年長児 6歳〜15歳)
基本治療

発作に応じた薬物療法

吸入ステロイド薬(考慮)
(100μg/日)
あるいは
抗アレルギー薬

吸入ステロイド薬
(100〜200μg/日)

吸入ステロイド薬
(200〜400μg/日)
以下の1つまたは複数の併用

・ロイコトリエン受容体拮抗薬
・テオフィリン徐放製剤
・長時間作用性吸入
 β2刺激薬
・DSCG
・貼付β2刺激薬

追加治療

抗アレルギー薬

テオフィリン徐放製剤

以下の1つまたは複数の併用

・ロイコトリエン受容体拮抗薬
・テオフィリン徐放製剤
・長時間作用性吸入
 β2刺激薬
・DSCG
・貼付β2刺激薬

経口ステロイド薬

(短期間・間欠考慮)

 

ステップ1 間欠型
ステップ2 軽症持続型
ステップ3 中等症持続型
ステップ4 重症持続型

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2005より

※前の項にも述べましたが、喘息は「予防」が大事です。症状が軽度なうちに専門医を受診し早期に治療及び予防することが大事です。発作を治療するというよりも発作を起こさないよう予防に重点を置くことが大事です。

吸入療法

吸入療法は疾患のある部位、つまり肺を治療する方法で、病変部に直接薬剤投与するので、すばやい効果が期待でき、かつ副作用も少ない治療法です。

 喘息の治療方法の「吸入療法」には@ネフライザー、A定量式吸入器、Bスペーサーを用いる方法があります。

@ネブライザーを用いる方法
β2刺激薬の薬液を生理食塩水やインタール(クロモグリク酸ナトリウム)溶液と混入して吸入するものです。定量式吸入器と比べて吸入手技の影響が少なく、吸入薬の不均等分布(気遣狭窄のある病変部に、かえって薬剤が到達しにくいという現象)も少なくなり、自宅で行う吸入療法としては優れています。β2刺激薬を吸入する機会が多くなる患者さんや、過去に大発作を起こしたことのある患者さんは、自宅に備えておくとよいでしょう。

A定量式吸入器を用いる方法
加圧式定量噴霧式吸入器(pMDI)と定量ドライバウター吸入器(DPI)の2方式があります。
定量式吸入器を用いる方法は、現在吸入療法の中心になっています。薬剤としては吸入ステロイド薬(プロピオン酸ベクロメサゾン、BDP)、β2刺激薬、抗コリン薬、インタールがあります。このうちβ2刺激薬は、主として喘息症状の出現した時(発作時)に頓用で使用する発作治療薬(リリーバー)で、他の3剤は症状を予防する長期管理薬(コントローラー)です。

Bスペーサーを用いる法方
加圧式定量噴霧式吸入器にスペーサーを併用することにより、薬剤の噴霧とタイミングを合わせなくても、ゆっくり普通の呼吸のペースに合せて吸入が可能となります。

吸入療法の有効性

Q:なぜ吸入療法を行うのですか?
A:有効性が高く、全身性副作用が少ないためです。

 気管支喘息は気道の疾患ですから、気道に直接薬剤が到達する吸入療法が最も効率がよく、全身的な副作用も少ないはずです。事実、吸入ステロイド薬(BDP)が広く臨床に用いられるようになってからは、喘息患者のコントロールは容易となり、救急外来受診回数や入院回数が著しく減少したことが明らかにされています。

吸入ステロイド薬の全身性副作用は軽度ですが、その投与量を良好なコントロールに必要な最少量に抑えるべきことは言うまでもありません。その意味でも局所に作用させる吸入療法が最適です。

定量式吸入器の短所としては、薬剤の効果と副作用の出現が吸入技術によって左右されることがあげられます。吸入薬の噴霧と吸入のタイミングが合わないと、薬剤はほとんど気道に吸入されずに口腔内に沈着してしまい、効果が得られないばかりでなく、消化管を通して吸収された薬剤により副作用が生じやすくなります。吸入指導が大切な理由はここにあります。

従って幼年期のお子さんには、吸入技術に左右されない「ネブライザー方式」が採用されている理由です。

大人の喘息

 子どものぜんそくの場合、治療を受けると約70%は症状が現れなくなり、治療の必要がなくなります。一方、大人のぜんそくの場合、治療の必要がなくなるのは10%程度とみられています。しかし、ぜんそくの症状は、適切な治療によってコントロールすることが可能です。
ぜんそくと診断された場合は、薬をきちんと使って思い発作が起こるのを避け、よい状態を維持していくことが大切です。

せき喘息→病名に「喘息」が付いていますが「喘息」とは症状が異なります

 「せきぜんそく」は、せきが長く続く病気で、ぜんそくに特徴的な、「痰、喘鳴、呼吸困難」といった症状はみられません。呼吸機能検査を行っても、ぜんそくのように気道が狭くなっている所見はありません。しかし、「気道が敏感である」、「アレルギー反応によって起こる炎症が気道に見られる」といった、ぜんそくとの共通点もあります。
 せきぜんそくは、かぜと間違われやすいのですが、せきぜんそくの場合、ぜんそくの治療で使われる「気管支を広げる薬」や「吸入ステロイド薬」などによって症状をコントロールすることができます。せきぜんそくが長く経過すると、ぜんそくに移行することもあるので、診断がついた時点で艮期的な管理をすることが必要です。
 せきが続くとかぜ薬をのむ人もいますが、せきぜんそくの場合、かぜ薬では症状はよくなりません。また、ぜんそくの場合はかぜ薬によって発作が起こることもあります。これは、かぜ薬や解熱鎮痛剤が原因で呼吸困難などが起こるもので、ぜんそくの患者さんの1〜2割にみられ、代表的な解熱鎮痛薬であるアスピリンを冠して「アスピリンぜんそく」とも呼ばれます。
 せきが長く続く場合は、安易にかぜ薬をのみ続けるのではなく、専門医を受診して、正しい診断を受けることが大切です。

書籍のご紹介

 一般の方で基本的知識を学びたい方、また一般の方でより詳しく「喘息」の知識を勉強したい方、医療従事者の方向けの書籍がございます。

 正しい知識の元に皆様の症状が改善されることを願っております。こちらをクリック

 

| 前のページへ |  | 購入ページへ |

上へ

有限会社 クリエイト (日本商工会議所認定 一級販売士)

〒828-0026 福岡県豊前市清水町119


Copyright (C) 1997-2008, Create Ltd., All right Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。